キッチンカウンターはニトリのコパンが可愛くて安くて使い勝手も◎

スポンサーリンク
ニトリのキッチンカウンターコパン買ってみた
yuru
yuru

こんにちは!最近気のゆるみで新築が散らかっている時が増えてきたyuruです!

きちんと片付けをしなければ……!!

さて、今回は私がこの新築の我が家に引っ越した際に購入したニトリのキッチンカウンター「コパン」の魅力を語っていきたいと思います。

お値段以上だと感じ、とても気に入っているキッチンカウンターなので、気になっている人はぜひ読んでみてください~。

スポンサーリンク

ナチュラルなキッチンに合うキッチンカウンターが欲しい

まず、我が家の内装を少し説明しますね。

我が家のキッチン

キッチンは片側が壁に着いた対面タイプ(ペニンシュラというそうです。知らなかった)。

我が家の壁や扉は全体的にホワイトを基調としているのですが、キッチンは明るいブラウンを取り入れ、背面をアクセントクロスでレンガ調にし、ナチュラルなデザインにしました。

システムキッチンはリクシルの取手が付いたタイプのもの、吊戸棚は背面、そして冷蔵庫横にはキッチン収納。

これらすべての色を、明るいブラウンにしています。

そこで私は吊戸棚の下にキッチンカウンターを置きたいと思いました。

キッチン背面のアクセントクロスを、高さがあるカップボードなどで隠したくなかったのです。そこで、このキッチンに合うキッチンカウンターを探すことに。

吊戸棚の横幅は180㎝だったので、同じく180㎝幅のキッチンカウンターに狙いを定めます。

ニトリのキッチンカウンターコパンに決めた!

ネットやいろんな家具屋さんを見に行きましたが、私が欲しいキッチンカウンターのタイプってなかなか無いんですね。

高さがあるカップボードばかりで、キッチンカウンターはあっても欲しい色がなかったり、横幅がなかったり……。

ちなみに180㎝の幅のキッチンカウンターで探すと、かなり種類がなく、デザインが限られてくるので、同じシリーズの幅が違うもの同志を組み合わせて使おうと決め、探していました。

いろいろ見ましたが、やっぱり我が家の大好きなニトリで見た、キッチンカウンター「コパン」が一番可愛くて安いという結果に。

購入したのは100CTと80CTのライトブラウンのタイプ

色はキッチンに合わせてライトブラウンを購入。

100CTと80CTのものを組み合わせて180㎝幅にして設置することにしました。

100CTタイプ

100CTコパン

もう使っている段階の画像ですが、横幅が100㎝のタイプです。

炊飯器用の引き出しが付いており、その下には深めの引き出し、そして左側には浅めの引き出しと、扉タイプの収納が付いています。

カウンター(コパン 100CT WH) ニトリ 【完成品・配送員設置】 【5年保証】

価格:24,900円
(2019/4/17 19:10時点)

80CTはHタイプ

80CTコパン

横幅が80㎝の80CTタイプは2種類ありますが、私が購入したのは炊飯器の引き出しが付いていないHタイプです。炊飯器の引き出しは100CTに付いていますからね。

こちらは浅めの引き出しが2つと、その下に扉収納です。

カウンター(コパン 80CT-S WH) ニトリ 【完成品・配送員設置】 【5年保証】

価格:19,900円
(2019/4/17 19:09時点)

二つ並べるとこんな感じ

コパン二つ並べてみた

2つ組み合わせたら、天板が別々になり、おかしく感じるかな~とも思っていたんですが、私は特に気になりませんでした。

天板の上でも作業をしたりして有効活用したい!と思っていたのですが、しっかりした造りになっており作業もしやすいです。

そして私はご飯のお替りがしやすいように、炊飯器の引き出しが付いている100CTを手前に設置しました。これは大正解だったと思っています。

yuru
yuru

主人のお替りが多いので……(笑)

自分の日々の生活を想像して、どこに何を収納するか、使いやすいポジションはどこかを考えておくと、設置した後の生活が楽になりますよ!

収納たっぷり

もちろん収納もたっぷり入ります。

扉収納を開けると棚の高さが調整できる収納になっていますが、簡単に力もいらずに棚の高さを変えることができました。いろいろとカスタマイズしやすい造りになっています。

私の場合は80CTの扉収納に電気鍋とタッパーや高さのあるポットなど。100CTには娘の食器を中心に割れない食器、食材、お米などを収納していますよ。まだ収納技を考えている段階ですが……。

我が家のコパン収納

収納下手な私の使用写真ですみません。簡単なものですが、米びつがすっぽり収まって良い感じです。

いろんな高さのものを自由に収納できます。

そして炊飯器下の深めの引き出しも何気に便利です。100CTの方はいろんなタイプの収納が合わさっているので、使い方次第でいろんな工夫がしやすいでしょう。

yuru
yuru

私はビニール袋をサイズ別に縦に収納したい!と考えているだけで、まだ実行できておらず、ビニール袋とお菓子のストックが入っていますが(笑)

我が家のキッチンに馴染んでいる!

我が家のキッチンコパン

吊戸棚や、画像には写っていませんが同じ色のリクシルのシステムキッチンと、冷蔵庫横の収納の扉にも違和感なく馴染んでいます。

特にリクシルの取手付きタイプの収納の雰囲気に合っているところは、私のお気に入りポイントです!

ですが、取手の素材や表面のカラーがまったく一緒というわけではないので、気になる人は気になってしまうかもしれません。私は細かいことはあまり気にならないので、オッケーでした。

何より2つで44,800円という安さ!!

キッチンカウンター「コパン」の魅力を語ってきましたが、もっとも気になるのはお値段ですよね!

100CTと80CTのもの2つ合わせて44,800円(税込.・2019年2月時点)でした!!!

yuru
yuru

なんと5万を余裕で切る価格!!!

単品のお値段ではないですよ。2つ合わせてのお値段です。いろいろとキッチンカウンターを探してきたyuruですが、横幅180㎝のものとなると6万超えは確実、可愛いものや機能性があるものとなると10万以上はあたりまえ!

それが「コパン」を2つ組み合わせることによって5万円以下でキッチンカウンターを設置できたのです。

ちなみに単品でのお値段は100CTが24,900円(税込)、80CTが19,900円(税込)です。
※2019年2月時点でのお値段です。

なるべくお金がかからないように……と考えていたので、このお値段には助かりました。

少し残念なポイントもある

そんな素敵ポイント満載のニトリのキッチンカウンター「コパン」ですが、残念ポイントもありました。

私が感じた個人的な残念ポイントにはなりますが、あげていきますね。

炊飯器の引き出しが思ったより出てこない

ご飯を炊くときに、炊飯器の引き出しを出して炊かなければ蒸気が上に溜まってしまいカビなどの原因になることがあります。

こちらは設置の時にも説明していただいています。しかし、引き出しを出して炊飯器を使ってみると……。

コパンに炊飯器

あんまり引き出しが出ず、フタがきちんと開かない状態に。

うちの5合炊きの炊飯器が合わないのかな?ですが、以前のマンションで使っていたカップボードの炊飯器の引き出しはもっと手前に出ていた気がするのです。

炊飯器のフタもきちんと開けられていました。

奥行きが41㎝なので少し短いのかな?と思ったんですが、調べると前のカップボードも同じ奥行きの長さでした。

もしかすると、前のカップボードは炊飯器の引き出しの幅がこのコパンの倍くらい広かったので、横に向けて置いていたのかもしれません。引っ越してしまい、以前のものを捨ててしまったので確認のしようがなく……すみません。

いずれにせよ、炊飯器の引き出しの幅が狭めなので、炊飯器の蒸気口が奥にあるものや、同じようにフタを開けて使うタイプだと、使い勝手が悪いと感じてしまうかもしれません。

私はまぁ問題なく使えるからいっか~と思っていますが。

ケトルとかを置いた方が使いやすいのかも。

100CTの上の引き出しに合う整理トレーがニトリに無い

これは100CTの上の引き出しに整理トレーを使って箸やスプーンを分けよう!と思い、ニトリで探したのですが……。

コパンの引き出し

なかなかこの引き出しに合う整理トレーがなかったんです。

幅が50㎝で奥行きが33.5㎝、高さが8㎝の浅い大きい引き出しなのですが、縦横が調整できる整理トレーでもすべて幅と奥行きが合うものが無い。

その調整できるトレー1つで整理したかった私は、良いサイズがなくて店頭で焦ってしまいました。

yuru
yuru

同じニトリの商品だから、ピッタリのものがあるに違いない!という謎の自信で買いに行った私。

シンデレラフィットを求めて、計算しながら調整できる整理トレーと単品の整理トレーを購入したのですが、うまく入らず……。結局、調整できる整理トレー1つをその引き出しに使い、奥行きに無駄なスペースがある形になってしまいました。

シンデレラフィット超初心者な私なので、これから学んで行き、無駄なスペースを有効活用していきたいです。

私は気にならないですが、造りは簡単

私は特に気にならなかったのですが、リクシルのシステムキッチンと比べると、素材や、引き出しの開け閉めした際などの動作に、やはり高級感を感じません。

簡単なもので良いから、可愛いキッチンカウンターを!と思い探し求めていたため気になりませんでしたが、気にする人はいると思います。

リクシルで見た何十万もするキッチンカウンターはやはり高級感がありました。収納や使い勝手も、もちろんこちらが優れているでしょう。これと同じレベルのものを求めている方であれば、このコパンでは物足りないんじゃないかな~と感じます。

これからより使い勝手を良くしていきたい

そんな感じでニトリのキッチンカウンター「コパン」の紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?キッチンカウンターって決して小さい買い物ではないので、自分の納得する見た目や機能、お値段で購入をしたいですよね。

私はこのコパンすごく気に入っているので、迷っている人の参考になればと思い紹介させていただきました~!

今のところメリットとデメリットはこんな感じなのですが、まだコパンを迎えて1か月とちょっとしかたっていません。ですので、今後また気づいた点があったら追記で修正していきたいと思います。

yuru
yuru

素敵なキッチンをつくりましょうね~!!

カウンター(コパン 100CT WH) ニトリ 【完成品・配送員設置】 【5年保証】

価格:24,900円
(2019/4/17 19:10時点)

カウンター(コパン 80CT-S WH) ニトリ 【完成品・配送員設置】 【5年保証】

価格:19,900円
(2019/4/17 19:09時点)

無印・ニトリ 暮らしのこと
スポンサーリンク
シェアする
このブログを書いている人
yuru

現在子育て中の主婦です(^^)
なんの取り柄もない高卒ワーママだけど、ブログとwebライターとプログラミングをゆるりと勉強中。目標は、娘が小学生になるまでに在宅で生計を立てること!
自身が体験したパパママ婚や新築注文住宅のこと、そして暮らしの中で見つけた役に立つことなどを発信中♩
Twitteとインスタも気軽にフォローどぞ!

yuruをフォローする
fleurmurフルールミュール

コメント

yurulifeサイド