ただ文を書くことが好きなだけの主婦がゆる~くwebライターをやってみて初月約1万円稼いだ方法

yuru
yuru

こんにちは!駆け出しwebライターのyuruです。

今かなり在宅ワークが注目を浴びていて、気になっている人、特に子育て中の主婦さんも多いのではないでしょうか!?私もその一人で、子育てをする日々のなかで在宅ワークに興味が出てきたのです。

在宅ワークの中でも特に主婦層に人気の高いwebライター!

そのwebライターを、家事育児の合間にゆる~くしてみたら約1万円稼げた私の方法を説明したいと思います。

そうだ。webライターやってみよう。と思ったきっかけ

パソコンとグリーン

私がwebライターという存在を知ったのは、恥ずかしながらつい最近のことなのです。きっかけはインスタグラムで、自分の子どもと同い年の子どもを持つママさんをこっそりフォローしていたことでした。

いつも通りインスタを見ているとそのママさんは在宅ワークをしていますとの発信がありました。

yuru
yuru

在宅ワークはなんとなく知っていたけれど、稼げないイメージ……。

しかし、そのママさんはけっこう稼いでらっしゃるとのこと。そしてweb媒体で記事を書くwebライターをやっているということ。

yuru
yuru

webライター!気になる!!

それがきっかけでした。

思い立ったらとりあえずクラウドソーシングサイトに登録すること

調べるとweb媒体で記事を書いてほしい企業や人と、記事を書きたいwebライターを繋げるクラウドソーシングというサービスをしているサイトがいくつかあるとのことで、私はさっそくクラウドワークスに登録しました。

登録料は無料なのでいくつか登録しておくことをオススメします。

他にも有名なクラウドソーシングサイトもあって、私はこれにも登録しました!↓

登録したらとにかく仕事を探しまくる!!

そして登録したのなら、すぐ仕事を探しまくりましょう!

条件のいい案件はすぐに締め切りになったりもします。

ですが、まだ始めたばかり、まずは雰囲気に慣れることが重要です。いろんなサイトに登録したならば、どのサイトでも並行して仕事を探してみましょう。

そこでだいたいこのサイトはこういう案件が多いな……っていうのがわかってきます。

そして自分のしたい案件が多いところや、使いやすい・見やすいと感じたサイトを1~3個くらいに絞ると今後活動がしやすいと思います。

私はいろいろと登録して、仕事内容も見ましたが、結局最初に登録したクラウドワークスのみしか使っていません。

以下、私が感じた感想を。

クラウドワークス

有名どころなので、たくさんの案件があります。

ライターからデータ入力など、さまざまな業種があったので、webライターに限らず在宅ワークを探している人はチェックした方が良いかも。

初心者向けの案件も多く、ここで文字単価0.4円でライターデビューしました!

クラウドワークスはコチラ

ランサーズ

調べてみると在宅ワークをしている先輩webライターさんは、クラウドワークスかランサーズのシェア率が高い気がしました。

こちらも有名なので、案件がたくさんありましたよ!

しかし、しばらくどちらも使ってみた感じクラウドワークスの方が使いやすく、ライター系の案件が多く感じたので、私は登録しただけで利用はしませんでした。

ランサーズはコチラ

シュフティ

主婦向けのクラウドソーシングサイトですが、私個人的にはあまり惹かれる案件がなかったです。

商品の検品やフリマアプリ代行など、作業系の在宅ワーク案件が多いように感じました。

シュフティはコチラ

サグーワークス

こちらはwebライターに特化したクラウドソーシングサイトなので、先輩webライターの皆さんオススメされている率が高かったです。

私もそれに触発されて登録をしました。

ある程度文章が書ければ合格できるというプラチナライターの試験に合格すると高収入が期待できるということで、私も受けよう!と意気込んでいたのですが……。

その前のレギュラータスクでお仕事をチェックしてみると、案件が少なく感じた上に、私が惹かれるものがありませんでした。

早い者勝ちで、書きやすい案件はすぐになくなってしまうのかもしれません。

yuru
yuru

そして気になったことがもうひとつ。

クラウドワークスではわりと多かった継続案件、つまり同じクライアントに継続して記事を納品する形で仕事をしていた私。

サグーワークスでは記事自体の案件がずらーっと並んでいるので、クライアントがそれぞれで変わり、ライティングルールもひとつひとつ変わってしまうのです。

継続案件で最初にそこのクライアントのライティングルールを必死に熟読して理解したら、あとはひたすら書くのみ!って感じだったんですが、私はそのライティングルールを熟読して理解するまでの過程をしんどく感じてしまっていたんです。

yuru
yuru

サグーワークスで仕事を受けるには、毎回ライティングルールを熟読して理解しなければいけない……!

当たり前のことなのですが、そこが嫌でサグーワークスでの活動を諦めました(笑)

yuru
yuru

人には向き不向きがあるので、自分に合ったところをぜひ探してみてください~!

サグーワークスでもがっつり仕事をしている人はたくさんいます。

プラチナライターは高収入目指せるみたいなので、気になる人は試験に挑戦してみてはいかがでしょうか?

サグーワークスはコチラ

私が一か月目にクラウドワークスメインでゆる~く活動した内容

そんなこんなでクラウドワークス一筋でやってみることに!

何が何だかわからなかったので、調べながらちまちまと活動していました。その活動内容を以下に書いていきます。仕事をするにあたってどうしたらいいかよくわからない……という人は読んでみてください。

タスク案件をちまちま

仕組みに慣れたかったのと、受注案件は増やした方が良いというのを見て、タスク案件をちまちまスマホでこなしていました。

タスクであればわりとスマホのアプリからでもできます。

yuru
yuru

でもアンケート回答1件で10円とかの世界ですが……。

それでもマイページの受注実績の件数は増えていくので、0件よりかはいいかな……と私は5件だけしました。

短いライティングで100円とかもあったので、それでwebライターとはどんな感じが探ったりしていましたよ。

でもやっぱり受注実績がちょっとあったほうが、より良いお仕事のスカウトとかも来たりしますし、応募した時に採用されやすいかなと感じたので、タスク案件は暇な時間にでもポチポチやっておきましょう。

良さげな案件を見つけては応募応募応募!

タスク案件でちょっと慣れてきたら、いよいよプロジェクト案件という、クライアントとサイト上で契約を交わし記事を書く案件をしてみましょう!

私もタスクをこなしつつプロジェクト案件を探して、良いのがあれば応募しまくっていました。

応募するだけタダですし、採用されず評価が落ちたりとかはないので、気になったらすぐに応募した方が良いです。最初のうちは。

ですが、文字単価(1文字打てば何円稼げるというライターの報酬設定)がありますが、それが0.4円を下回る案件は避けた方がいいですね。

私も最初は気にせずに「2000字の記事5本で2,000円」という文字単価に換算すると0.2円の案件でクライアントと契約をしました。しかし、それと同時期に文字単価0.4円の案件で別のクライアントとも契約することができたのです。

すると目に見えて稼げるのが後者の案件だったので、なかなか前者の案件のモチベーションが上がりませんでした。

4000字書いたとしたら文字単価0.2円だと800円、0.4円だと1600円とかなり金額が変わってきます。文字数が多くなればなるほど差が出てくるんです。

それに文字単価0.1円や0.2円の案件はたくさんあって、「初心者にライティングを教えます!」という売り文句もあるのですが、ある程度文章が書ければ0.4円からでも初心者歓迎の案件はたくさんあります。

yuru
yuru

そしてしっかり教えてくれるところがほとんどですよ~!

以下からは、 私が実際に契約に至ったプロジェクト案件を簡単に紹介しますね。こんな案件があるんだ!と参考にしてみてください。

5記事2,000円で個人ブログのクライアントと契約

この案件は文字単価0.2円の、最初に受けたプロジェクトライティング案件です。クライアントさまが優しく、時間の融通がきけたので2か月越しで5記事納品しました。

文字単価0.4円で恋愛系メディアサイトと契約

メディア系サイトのwebライター募集の案件はたくさんありますが、私が契約させていただいたところはすごく仕事しやすい環境だったんじゃないかな~と思います。

記事納品のツールもしっかりできあがっていて初心者でもわかりやすく、対応も早く丁寧で、さらに記事のフィードバックも丁寧でした!

だいぶここで勉強をさせてもらいました。

ほかのメディアサイト案件にいくつか応募したのですが、執筆から納品のツールがどこも初心者にはわかりづらく、対応も遅かったりしたので結局契約していません。

記事企画制作1,000円~の旅行メディアサイトと契約

ここもすごく良かった!

指定されたスポットに行って記事の構成を作成するのですが、写真で単価がアップしたりして1つの記事の報酬が高かったです(初心者には)。

ただ、家事育児をしながらのスポット巡りはなかなかきびしく、一か所だけ作成して辞退してしまいました。

クラウドワークスでわりと良さげなプロジェクト案件の見つけ方

先ほど、良いプロジェクト案件があればとにかく応募してくださいと言いましたが、その「良いプロジェクト案件」というのがざっくりしすぎていて、初心者の人は「何に応募したらいいんだ!」と迷ってしまいますよね。

そこで、私がクラウドワークスで良いプロジェクト案件かどうかを見極めていたポイントをいくつか紹介します。

仕事内容・文字単価などの表面だけで応募するのはちょっと危険かもしれません。

yuru
yuru

クラウドワークスでwebライターをしてみようかな……と考えている人は要チェックです~!

①必ずクライアントの評価を見る

クラウドワークスは仕事情報のページから、クライアント情報を見ることができます。そこは必ずチェックしておきましょう。

星の数と取引件数、そしてクラウドワークスを利用している年月。この3点が多いとわりと信頼できるクライアントです。

そしてコメント。

一番大事かもしれません。取引評価のコメントをできる限りさかのぼってひとつひとつ見ていくのです。

そこで「丁寧な対応」や「初心者にもわかりやすい」などのコメントがたくさんあれば、お仕事がしやすいクライアントと見極めることができるでしょう。

けっこう良いコメントばかりでも、さかのぼると悪い評価のコメントもでてきたりします。

どこが悪いのか、またそのコメントは信頼できるのかを私はその前後のコメントなどで調べていました。悪い評価で改善をされているクライアントもいると思うので。

基本的にすごく昔の悪いコメントは気にしませんでした。

ですがたまに「○○円~報酬を振り込みします」というクライアントがあり、それが1万円~だと最初につまずいて辞退した場合報酬が支払われない可能性が高いので、そういうところは避けるようにしました。

コメントに「それで報酬が支払われなかった」とかもあったりするので、そのようなコメントがあった場合は昔のコメントでも気にするようにはしていましたよ。

②文字単価・ジャンル・ノルマなど自分に合っているかの確認

これは当たり前のことですよね。

その文字単価で納得して働けるか、自分が執筆できるジャンルかは記事を書くにあたってのモチベーションに繋がります。好きなジャンル、納得する文字単価だとスラスラ文章が浮かんできますよ!

そして意外に大切なのが、自分に合ったノルマで執筆ができるか

だいたい月に4本とか、週に2,3本くらいのノルマで募集しているところが多いかな~と思いますが、案件によってバラバラです。

主婦さん、特に子育て中の人などはまとまった時間がいくらとれるかハッキリわからないですよね。

しかも初めて挑戦するwebライターとなると、さらに週に何本執筆できるかなんて想像ができません。現に私もそうでした。

そのため、私は「自分の好きなペースでできます」「ノルマなし」などの案件を応募していました。これなら自分のペースでまったり執筆ができます。ノルマがあると心にゆとりが持てなくなりますからね。

yuru
yuru

主婦の心のゆとりは家庭に欠かせないもの!

それで感覚がわかってきたら「月〇本」などのノルマありに挑戦してみてもいいかと思います。

初月のwebライターの仕事を時給換算すると300円!?

私はまったりしすぎていました。

子どもが夜寝ている間に3時間程度パソコンでwebライター業務をして、子どもがお昼寝やテレビを見ているときなどにスマホで情報収集をていました。

そして初月は1本3,000円の記事を執筆するのに、約10時間かかっていた私……。

一番お世話になったのが恋愛系メディアサイトなのですが、文字単価0.4円で1記事4000~8000字。8000字で約3,000円なのですが、8000字って果てしないし、そこの案件はわりと下調べもしっかりしなくちゃいけない!

気付いたら毎回3,4日かけて記事を執筆していました。

yuru
yuru

時給に換算すると300円……。

日中スマホでちょこちょこしていた下調べは入れていないので、実際にはもっと低いという現実。

でも、家にいながらお金が稼げるってすごいことだなぁと思うし、このお仕事によってライティングの勉強もたくさんできました。

yuruの1か月目のwebライター報酬結果

そんなこんなで、恋愛系メディアサイトと旅行メディアサイトでの案件+タスクをちょこちょことこなし、webライターデビュー1か月目の報酬は9,405円!

クラウドワークスの手数料20%を引かれて惜しくも1万円までに届かずじまいでしたが、こんな初心者な私がゆる~くやってもちゃんと稼げるんだ!と嬉しかったです。

クラウドワークスはコチラ

webライターは経験をして実績を積んでいくことが大事

砂浜での夕日

わりと調べてみると、初月でもガッツリ稼いでいるwebライターさんもたくさんいらっしゃるので、なんだたったの1万かよ……と思われたかもしれません。

でも私は初めてでも、子どもがいながらでも、ゆる~くでも1万円稼げるんだ!!と嬉しいと同時に、大きな可能性を見出すことができました

そこから2か月後には、自力でサイトを通さずにクライアントと直接契約をしていただき、現在webライター4か月目……

文字単価1.2円でお仕事させてもらっています!

そして4月からまた新しく別のクライアントに直接契約を、トライアル期間ですがしていただけることになりました。そこは文字単価1円です。

今の仕事量は時給換算すると約1,000円!時間と心にさらなる余裕ができました。

サイトを通さないので、手数料が取られることなく丸々報酬が入るので、早めに直接契約を探すことをおすすめします。

その直接契約を応募する際に、クラウドワークスで執筆してきた実績を提出でき、それが契約にも繋がったので、クラウドソーシングサイトを利用することはかなり自分にとってプラスになりました。

最初は文字単価が低くて疲れますが、積み上げた実績は後から必ずついてきますよ!

……まだ4か月目の駆け出しが何言ってるんだという感じですが、主婦さんには特に働きやすいwebライター。気になっているのなら今すぐ行動する価値はあると思います。

クラウドワークスはコチラ

 

yuru
yuru

一緒にがんばっていきましょう~~!

在宅ワーク webライター
シェアする
このブログを書いている人
yuru

現在子育て中の主婦です(^^)
なんの取り柄もない高卒ワーママだけど、ブログとwebライターとプログラミングをゆるりと勉強中。目標は、娘が小学生になるまでに在宅で生計を立てること!
自身が体験したパパママ婚や新築注文住宅のこと、そして暮らしの中で見つけた役に立つことなどを発信中♩
Twitteとインスタも気軽にフォローどぞ!

yuruをフォローする
fleurmurフルールミュール

コメント

yurulifeサイド